ご挨拶

 反核・平和を願っておられる府民のみなさん。
 いまこそ、草の根から幅広い非核の共同の輪をつくり、非核の政府を要求しましょう。
 非核の政府を求める大阪の会はあなたのご賛同を心から期待します。

入会のご案内

私たちは「非核5項目」の実現をめざします

1 全人類共通の緊急課題として核戦争防止・核兵器廃絶の実現を求める
2 国是とされる非核3原則を厳守する
3 日本の核戦場化へのすべての措置を阻止する
4 国家補償による被爆者援護法を制定する
5 原水爆禁止世界大会のこれまでの合意にもとづいて国際連帯を強化する

ご挨拶

 核兵器禁止・廃絶の運動にとって、昨年は重要な年となりました。まず7月7日、国連において122ヶ国の賛成で核兵器禁止条約が採択されました。この条約は、核兵器を明確に違法であると宣言した初めての条約であり、核兵器の開発・実験・製造・備蓄・移譲・使用・威嚇等、核兵器にまつわるあらゆる行為を禁止し、さらに核兵器の廃棄の道筋も示した画期的な内容の条約でした。
 またこの条約の前文では被爆者が受けた苦痛・危害に留意することや核兵器廃絶に向けた被爆者やNGO・宗教者・学会等の行動を明記しており、この条約が被爆者をはじめとした国際的世論や市民運動の努力の結実であることが強く意識されたものとなっています。

 そして国際的な核兵器廃絶に向けた世論や行動が核兵器禁止条約採択の大きな力となったことが評価され、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル平和賞を受賞したことも誠に意義深く、喜ばしい出来事でした。
 この条約は調印と批准が50ヶ国に到達した時から90日後に発効しますが、既に調印した国は55ヶ国を超え、今年中の条約発効が確実なものとなっています。

 この条約が発効することは、核廃絶運動にとって大きな力となります。例え核保有国や核の傘の下にある国々がこの条約に調印していなくとも、核兵器が違法であることを明示した国際条約が発効するならば、核兵器を保有し続け、また核抑止論にすがろうとする勢力の非人道性はますます明らかになるのであり、核兵器廃絶に向けた大きな一歩を国際社会が歩み出したことは明らかです。

 このような国際情勢の中でわが国は唯一の戦争被爆国でありながら、核兵器禁止条約に背を向けています。国連においても、ノーベル平和賞授賞式においても、核兵器廃絶・平和を願う世界の市民からは現在の日本政府の立場に対する失望の声が上がると同時に、日本にこそ、核兵器禁止・廃絶の運動の主導的役割を果たして欲しいとの期待ももたれています。
 非核の政府を求める活動は、国内に留まらず、国際的にも重要な活動であることを再認識し、ますます当会の活動を充実させたいと考えています。

画像 1766.jpg

お知らせ

image3.jpg

松山奉史

 核分裂とはウラン(U)やプルトニウム(Pu)のような重い原子核が、質量があまり違わない二つ以上の原子核に分裂する現象で、核反応の一種です。核分裂を起こす性質をもつ原子核を核分裂性核種といい、U—235、Pu—239などのことです。これらの原子核には外から手を加えずとも自発的に分裂する確率もありますが、外から中性子、陽子、α粒子、γ線などで刺激(照射)すると分裂が起こりやすくなります。また、分裂にともなって2~3個の中性子が新たに放出される性質があるので、この中性子を外部刺激として再利用すれば次の新たな核分裂を誘起することができます。この過程を繰り返し持続させた状態を連鎖反応と呼びます。

2018年5月1日 185号

image.jpg

○被爆者の思いを引き継いで 若者として3・1ビキニデーに参加して

非核の政府を求める大阪の会 ニュース バックナンバー

image1.jpg

傍聴活動などにご参加ください
4月16日(月)15:00
  1007号法廷   地裁 第2民事部  
5月10日(月)14:00  
  806号法廷    地裁 第7民事部  本人・医師尋問
5月16日(水)14:00
  1010号法廷   地裁 第7民事部  本人・医師尋問
6月2日(土)13:30
  大阪グリーン会館 ヒバクシャ訴訟全面勝利めざす集い
6月20日(水)15:00
  1007号法廷   地裁 第2民事部 


ヒバクシャ訴訟全面勝利めざす集い
18年6月2日 (終了)

image1.jpg ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟。ここ数年大阪高裁では、残念ながら一歩後退と言わざるを得ない判決が。しかし1月の大阪地裁では踏ん張りました。また全国でも、3月の東京高裁判決にみられるような素晴らしい判決が続いています。この流れを生かし切り、今度こそ国の原爆症認定制度抜本改定に繋げましょう。被爆者にこれ以上の負担をかけさせないで!

詳細

核兵器の禁止に関する条約の「前文」掲載
クリアファイル普及のお知らせ

c001.jpg非核の政府を求める大阪の会では、ヒバクシャ国際署名を挟んで、署名活動に活用していただけることを願って、核兵器の禁止に関する条約「前文」を掲載したクリアファイルを作製しました。
1枚100円程度(送料別)のご協力をお願いします。(お問い合わせ・注文
1~49枚まで 1枚100円+送料実費
50~99枚  1枚 90円+送料実費
100枚~   1枚 80円+送料実費
尚、送料は、枚数によりヤマト運輸(DM便・宅急便)、もしくは、郵便局レターパックを使用します。

非核の政府を求める大阪の会
ニュース 最新号

あなたの署名に託したおもいを核兵器禁止条約が議論されている国連総会に2020年まで毎年届けます

結成30周年のつどい

意見広告ポスター

原爆投下 戦後65年 身近に戦争を語りつぐ『非核・平和のデーターブックⅢ』

image1.jpg

ご挨拶

意見広告ポスター

核兵器禁止条約交渉会議

憲法の話

平和博物館めぐり

連続講座 原子力

自治体で実施される
非核平和施策を紹介

非核自治体運動

日本の自治体
非核・平和に関する条例

戦争の傷あと銘板清掃ツアー
大阪砲兵工廠フィールドワーク

戦争の傷あと銘板めぐり
第2シリーズ 戦跡ウォーク

原発見聞記シリーズ

新シリーズ講座
「非核と科学」

新シリーズ
宗教者と非核・平和

非核大阪の会 総会

非核大阪の会学習会

模擬原爆投下70 周年の行事「原爆投下直前のパンプキ爆弾投下」 の真相に迫るつどい

結成30周年のつどい

読者の体験談

核兵器の禁止に関する条約の「前文」掲載クリアファイル普及のお知らせ

北朝鮮の核実験へ抗議

○2017年9月4日 北朝鮮の核実験への抗議文を送付しました

訴訟

○ノーモア・ヒバクシャ訴訟
○ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟 今後の日程

見学

○京大複合原子力科学研究所見学会開催

原子力発電

○高浜原発再稼働

「核態勢見直し」(NPR)に対する抗議文を送付

○ドナルド・トランプ大統領、安倍晋三内閣総理大臣、河野太郎外務大臣宛

ビキニデー

民青大阪府委員会常任委員の林 裕也さんより報告・感想が届きました

検証


○「ドイツはフランスから電力を輸入している?」を検証する
○世界は領土問題をどう解決しているか
○北朝鮮の人工衛星、ミサイル・ロケットに関する基礎データ
○陸も海も汚染したセラフィールド原子炉事故
○パロマレスへの水爆落下の後処理と核兵器事故



book021.jpgbook021.jpg

非核データブックⅡ
領価 1,000円 (送料別)
『核兵器をなくすための草の根データブック』

book031.jpgbook031.jpg

『非核・平和のデーターブックⅢ』
領価 1,000円 (送料別)
原爆投下 戦後65年 身近に戦争を語りつぐ

osaka_hk.jpg

戦争法案阻止の力になる パンフレット
今わかる大阪砲兵工廠の役割とすがた

本の紹介

gen_housyanou_jiten2.jpg原発をどうする?  
放射能の影響は?
”これから”を考えるために必要な正しい知識を!
基礎知識(第Ⅰ部)と320のキーワード(第Ⅱ部)で、原発のしくみと危険性、放射線と放射能の基礎知識、放射線の身体への影響をトータルに理解できる初めての総合事典。
原発・放射能 キーワード事典
編著者:野口邦和
定価:2310円(税込)

hibakusyairyou1.jpg「被爆者医療から見た原発事故」
被爆者2000人を診察した医師の警鐘

作者:郷地秀夫
(東神戸診療所所長・核戦争を防止する兵庫県医師の会世話人)
発行所:かもがわ出版
定価:本体1000円+税

放射線測定器使用ご希望の方はこちらから

 学習会、講演会、学園祭、地域での放射線量測定会などで使いたいからと使用申込みが相次ぎ、好評を得ています。
 今回、より便利になるように、当会HPからも使用申込書を入手いただけるようにしましたので使用条件を承認の上、申し込んで下さい。

パネルと書籍を ご活用下さい

 マスコミにも取り上げられ全国的にも注目! 当会作成の「大阪に落とされた模擬原爆」写真と 「投下地点」地図・書籍をご活用下さい。

image.jpg

展示パネル

•大阪に落とされた模擬原爆写真・投下地点地図
•A2版(解説付き)

書籍

•「非核・平和のデータブックⅠ、Ⅱ、Ⅲ」制作協力費 各1,000円
•「わが町に原爆が落とされたら」「終戦50周年記念の12箇所の銘板の所在地と内容」(Ⅰ・Ⅲ)「用語解説」(Ⅱ・Ⅲ)

bind_free068.jpg


 非核の政府を求める大阪の会では、非核・平和の様々な映像やパネルを収集、草の根から核兵器の惨禍を語り継ぎ、核兵器のない世界を一日も早く実現するため様々な場面で役立たせたいと考えています。
しかし、会で全てを揃えるには、財政面からしても難しく、広くご寄贈を募ることに致しました。
もし会員・読者の皆様で、非核平和のDVD、ビデオ等をお持ちでしたらご寄贈いただけないでしょうか。            事務局までご連絡をお待ちしています。

非核大阪の会 事務局

住所
大阪市中央区谷町7丁目3番4号 

  • 新谷町第3ビル 210号

電話  (06) 6765-3032
FAX  (06) 6765-3033
e-Mail
hikaku-osaka1986@kind.ocn.ne.jp
hikakuosaka@hotmail.com
ホームページ http://hikaku-osaka.jp/
スマ―トホンの方はQRコードを読み込んで
ホームページをご覧ください。
image1.jpg