image.jpg
image1.jpg
image.jpg

大阪大空襲の跡をあるく

戦争の傷あとめぐり第2シリーズ
『大阪 戦争モノ語り~街かどの「戦跡」をたずねて』の著者
森田敏彦先生のガイドで訪れる
1945年6月大空襲の跡をあるく 戦跡ウォーク

 2010年から、府内12カ所の地域にある大阪府と各自治体が戦後50周年を記念して1995年に建てた「戦争の傷あと銘板」を中心に巡ってきましたが、今回からその第2シリーズとして大阪大空襲の跡をあるく「戦跡ウォーク」を企画しました。今回はその第1回目で、淡路から長柄橋周辺を巡ります。日時・集合場所は以下の通りです。尚、小雨は実施します。

日 時: 6月17日(土)  午後1時集合  5時ごろまで
集合場所: 阪急淡路駅改札口(西口)集合  (解散は、長柄橋観音像の傍若しくは城北公園)

コ ー ス:淡路駅→西淡路の高射砲陣地跡→日之出町共同墓地の戦死者戦災者慰霊碑→崇禅
寺の戦災犠牲者慰霊塔→柴島浄水場壁の弾痕→法華寺の空襲のあとを残す墓石
群→善教寺の戦災犠牲者慰霊塔→長柄橋の観音像と弾痕が残るコンクリート片
※オプションですが、バスで城北公園まで移動し、城北公園の千人つかと平和観音を訪ねます。 
  参 加 費: 無料。(交通費は各自でお願いします)

詳細はこちらから

6月17日に実施した戦跡ウォーク第1回の感想記事です。
参加者は21名
DSCN5712.jpg